【本バンザイ!!】図書館よ、蔵書に多様性を/鷲尾 賢也

2013.09.09 【労働新聞】

 この頃、公共図書館のサービスが異常にいい。電話がかかってくる。「お求めの本が届きました」。ちょっと親切すぎる?のではないか。

 リクエストをすると、購入してくれることも少なくない。「市民のための図書館」というキャッチフレーズに添った行動だというが、問題点がないわけでもない。

 まず、利用者の欲求に応えるというのが第一になるので、いわゆるベストセラーのたぐいや、大衆的なものに購入書籍が偏ってしまう傾向になることだ。かつて問題になったことがあった。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年9月9日第2936号7面

あわせて読みたい

ページトップ