【本バンザイ!!】寝床では時代小説がおすすめ/鷲尾 賢也

2013.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 現役のころは、とても寝つきが悪かった。明日の会議やら、人事異動、さらには売上げをどうするかなど、寝床に身体を滑らせながら、脳裏を難問が駆け巡る。

 そういうときどうするのか。多くの人と同じように、就眠儀式は本を読むことであった。

 もちろん硬い本は眠りを妨げる。また、ミステリーのようなものは、次から次へと謎が展開し、つい読み耽ってしまう。かえって、眠れないなんていうことが起きる。また本の形態も大事だ。重くて厚い大型本などは、手が疲れていけない。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月28日第2906号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ