【本バンザイ!!】品川正治に学ぶ労働組合のあり様/鷲尾 賢也

2013.12.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働組合の組織率が年々低下している。18%を割っているという。非正規雇用、あるいはパート・アルバイトの比重が高くなっているせいもあるだろう。そういう現実に、労働組合の中央組織は何をやっているのだろうか。私たちに、努力の成果があまり伝わってこない。

 企業の発展と労組の充実は、社員にとってはクルマの両輪であるはずだ。きちんとした労組があることが、企業活動にとってきわめて大事な要因であった。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年12月2日第2947号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ