【本バンザイ!!】販売の妙はフェードアウトにあり/鷲尾 賢也

2013.06.17 【労働新聞】

 昨年は阿川佐和子『聞く力』(文春新書)1冊だったが、今年になって本屋大賞になった百田尚樹『海賊と呼ばれた男』(講談社)、さらに、すでに社会現象になった村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)が早々とミリオンセラー入りして、やや書店店内は活況を示している。

 生涯で1回ぐらいミリオンセラーを編集してみたかったが、叶わぬ夢だった。しかし、戦後最大のベストセラーである黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)の推移を、となりの部署でみている。記憶によれば

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年6月17日第2925号7面

あわせて読みたい

ページトップ