【本バンザイ!!】瞬間切り取り職人・万太郎に乾杯/鷲尾 賢也

2014.03.03 【労働新聞】

 事典風に書くと、久保田万太郎は次のようになる。

 小説家・劇作家・俳人。俳号傘雨。浅草に生まれ、江戸下町の情緒と義理人情を描いて、独自の作風を築いた。代表作に戯曲「大寺学校」、小説「末泥」、などがある。

 文化勲章も受賞し、文学全集には必ず収録される作家だ。しかし、いまそれほど人口に膾炙している作家とはいいにくい。はっきり言えば、忘れられている。…

筆者:鷲尾 賢也

*筆者が急逝されたため、本コラムは今号で終了します。謹んでご冥福をお祈りします。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年3月3日第2959号7面

あわせて読みたい

ページトップ