【本バンザイ!!】あきれるほど高価な訳は?/鷲尾 賢也

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日、金曜日恒例になっている古書会館の古書市を覗いたところ、薄汚れた、黄ばんだ婦人雑誌の一群が目に付いた。その中に、昭和2年の「主婦之友」(主婦の友社)があり、目次をひらくと、与謝野晶子などの人生相談や、「嫁と姑」問題などの悩みが寄せられていた。それにしても、本当に古い。黄ばんでいる。こういう本をだれが買うのだろうかと、一緒に並んでいる「婦人倶楽部」(講談社)などをしばらくながめていた。

 こういうものの値段というのは、一体いくらぐらいなのか。とりあえず手に取って調べてみた。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月11日第2912号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ