【本バンザイ!!】今後も増えるか「自費出版」/鷲尾 賢也

2013.10.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 文芸出版の老舗・新潮社が少し前に、大々的に自費出版の広告を打った。作家などと同じように、編集者や校正者をつけ、原稿の中味について、キチンと相談にものる。さらには装幀にも配慮する。また、地方の人には、打ち合わせのためにカンヅメ(なかなか原稿を書かない・書けない作家などを、ホテルなどに閉じ込め?書かせることをいう)で有名な山の上ホテル(東京・お茶の水)での宿泊なども、希望があれば可能だという。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月21日第2941号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ