【本バンザイ!!】社会人にこそ”読書会”が必要/鷲尾 賢也

2013.12.09 【労働新聞】

 学生時代、私たちは読書会をよくやった。一人ではなかなか読み通すことのできないものがある。例えば、哲学書。つい昔ばなしになって恐縮だが、当時はサルトルの『存在と無』などが流行っていた。あるいは、長い小説。ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』などはそのいい例である。

 そういうものを、週に一回ぐらい集まり、順番にレポーターを務めながら読んでいくのである。学生だから時間がある。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年12月9日第2948号7面

あわせて読みたい

ページトップ