【本バンザイ!!】「昭和二十年」のすごさ/鷲尾 賢也

2013.03.18 【労働新聞】

 在野の昭和史研究家の鳥居民さんが亡くなった。84歳という。旧臘12月、お話する機会があったが、そのときはとても元気で、本当に信じられない気持ちである。残念な急逝というほかはない。

 なぜ、このコラムで鳥居さんを取り上げるかというと、大河ノンフィクション『昭和二十年』(草思社)を、ぜひ読んでもらいたいと思ったからである。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年3月18日第2913号7面

あわせて読みたい

ページトップ