【本バンザイ!!】「酒と戦後派」の風景はいずこ?/鷲尾 賢也

2013.05.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 飲み屋や居酒屋の風景がむかしとずいぶん変わってきた。そのひとつが酔い方である。 かつては、飲むとかならず絡む人。怒りはじめる人、愚痴っぽくなる人。ずいぶん激しかった。泣き上戸というのもいた、いつもはおとなしいのに、つまらぬことで興奮し、すぐ「表へ出ろ」なんていう同僚も少なからずいた。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年5月20日第2921号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ