【本バンザイ!!】文豪たちもお金がなかった!!/鷲尾 賢也

2013.07.22 【労働新聞】

 苦手な人が多い中、稀に文章を書くことが好きな人がいる。作家はそこに入る人々だろう。では、文章によって一人前の生活ができるかというと、それはかなり厳しい。よほどの売れっ子にならないと、難しいことは覚悟しておいた方がいい。

 まず原稿料の仕組みをご紹介しよう。日本の場合、400字詰め原稿用紙が長く使用されたため、1枚(400字)いくらと決められる。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年7月22日第2930号7面

あわせて読みたい

ページトップ