【本バンザイ!!】PR誌はもっと自由に、大胆に!!/鷲尾 賢也

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「図書」(岩波書店)、「波」(新潮社)、「青春と読書」(集英社)、「本」(講談社)、「一冊の本」(朝日新聞社出版)、「ちくま」(筑摩書房)…他にもある。出版社の刊行しているPR誌である。

 例えば、手元にある「一冊の本」(84ページ)では、年間購読料は送料共で1000円。一冊の頒価100円と銘記されている。他も似たような値段である。大きな書店では、レジの横などに置かれ、無料で配られている。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年10月28日第2942号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ