【本バンザイ!!】この自叙伝は泣ける!/鷲尾 賢也

2013.04.22 【労働新聞】

 NHK大河ドラマ「八重の桜」の視聴率が好調だという。昨年の「平清盛」が低調だったので、余計そう思うのかもしれない。主演の綾瀬はるかもさわやか。画面も明るい。日曜日の夜、見ていることが多い。

 その舞台が白虎隊で知られている会津若松である。多くの若者が自刃した鶴ケ城。いまもなお日本人の涙をもよおす悲劇の歴史である。

 だが無残の死によって、すべてが終わったわけではなかった。その後の方も同じように悲惨だった。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年4月22日第2918号7面

あわせて読みたい

ページトップ