【本バンザイ!!】「書評」という道案内の必要性/鷲尾 賢也

2013.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 出版総売上げは、約1兆7~8000億円。トヨタ自動車1社の年間利益と似たような数字だ。しかも、年々、売上げ数字は減少を余儀なくされている。そういう業界にもかかわらず、ほぼすべての新聞が日曜日に書評欄を設けている。多いところでは4面。少ない新聞でも、2面は書評にページを割いている。これはどういうことなのだろうか。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月25日第2946号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ