【本バンザイ!!】ひどく狭くてひどく深い”迷宮”/鷲尾 賢也

2013.03.04 【労働新聞】

 神保町はワンダーランドのような街である。

 路地に入ると、小さな古本屋がたくさんある。覗いてみると、その奥にはとんでもない世界が待っている。例えば、戦争関係の古書を扱う文華堂書店。ありとあらゆる資料で溢れんばかりである。軍艦戦艦・飛行機・戦車・陸軍海軍、軍人伝記、戦記・戦史、軍歌など、おそろしいほど揃っている。作家やノンフィクションライターが訪れるというのもよく分かる。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年3月4日第2911号7面

あわせて読みたい

ページトップ