【一歩進んだ社労士活用 人を大切にする働き方改革へ】第2回 めざすべき姿 ”心理的誘因”を大切に モチベーションの刺激へ/大西 健造

2017.07.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業主の「心」から始まる企業づくり

 第1回では、企業経営における労務管理の実態がこの50年の間にどのように変化してきたかを概観した。そして、この半世紀、私たち社労士が一貫して、労働者が安心していきいきと働くことができる職場環境を確保することによって生産性の向上を図る「人を大切にする企業」づくりを支援し、社労士制度の目的である「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上」を実現しようとしていることを紹介した。

 そこで今回は、中小企業の経営者の皆様に、人を大切にする企業づくりの核心やなぜ中小企業がめざすべきなのかといった基本的な考え方と、その実践のゴールを紹介していきたい。…

著者:全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ