【激変する外国人雇用―新・技能実習制度から高度人材まで】第4回 移民の扱い 永住許可取得が容易に 多様な形で進む移民政策/早川 智津子

2017.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

対立が深まる不法移民問題

 最近の世界情勢をみると、外国人問題、とくに移民問題が争点になることが多い。シリア難民への対応をめぐってEU各国の思惑が対立をみせるなか、イギリスでは、昨年、国民投票でEU離脱賛成派が多数を占め、司法や議会を巻き込みながらEU離脱の手続きを進めていくようである。EU離脱を後押しした背景について、EUの域内移動の自由原則に基づきEU加盟国から労働者が流入した点が、イギリスの社会保障費の負担を増大させ、イギリス人労働者の失業問題と相まって、とくに貧困層の不満を取り込んだとの分析がなされている。

 アメリカでは、昨年の大統領選挙で共和党トランプ氏が勝利し、…

筆者:佐賀大学経済学部 教授 早川 智津子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月6日第3099号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ