【今週の注目資料】令和3年度ハローワークを通じた障害者の職業紹介状況(厚労省)

2022.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

精神障害者の就職増加

 令和3年度のハローワークを通じた障害者の新規求職申込件数は22万3985件で、対前年度比5.7%増と、コロナ禍以前の水準(令和元年度22万3229件)を上回った。就職件数は、9万6180件で、前年度の8万9840件から7.1%増と、求職申込件数の伸びを上回る勢い。ただし、前年度はリーマン・ショック以降増加を続けていた就職件数が12年ぶりに減少した年であり、ピークを迎えていた前々年度と比べると、3年度は6.8%減少している。

 就職件数が増加した要因について、厚生労働省は「精神障害者の求職活動が活発化するとともに、就職先として高い割合を占める業種で求人数が増加した」と分析。具体的には求人・就職が製造業では19.8%・18.5%増、サービス業では16.9%・13.2%増となっている点などを指摘した。

令和3年度 障害者の職業紹介状況等

この連載を見る:
令和4年7月18日第3361号4面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。