【フォーカス】ガイアックス/採用選考をオンライン化 ビデオ通話の手引き作成 学生ら初心者向けて

2020.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

機材支障は結果に無関係

 ソーシャルメディアサービスなどを展開する㈱ガイアックス(東京都千代田区、上田祐司代表執行役社長、連結正社員123人)では、5~6年前から採用のオンライン化を進めている。面接は、対面かオンラインかを応募者が自由に選べるようにした。オンライン面接の拡大により、移動時間や日程調整のコストが削減され、候補者の幅も広がった。応募者には、音声が出ないなどの機材の技術トラブルは選考結果に影響しないと周知。ビデオ通話ツールに関しては、学生などの初心者を念頭に置き、ログインまでの手順を示したマニュアルを作成している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月25日第3258号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ