【フォーカス】楓工務店/テレワーク 転勤帯同しても就業継続 育児と両立可能に

2020.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

経験活かした提案を実現

 注文住宅を手掛ける㈱楓工務店(奈良県奈良市、田尻忠義代表取締役、66人)では、テレワークなどの柔軟性の高い働き方を認めて誰もがライフイベントなどに左右されずに長期間働ける環境を整備している。育児と仕事を両立した結果、体験に基づく設計提案ができるようになったとの意見も出ている。テレワークは、夫の転勤で本社勤務が困難になった女性社員が実験と検証を重ねて制度化した。コロナ禍では一時、全社員の3分の2が実施していた。社員は家族と考え、テレワーク中であってもお昼休みには会社のダイニングと個々人をつなぐ取組みも。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年7月6日第3263号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ