【フォーカス】㈱ガイアックス/フリーランス活用 コア業務に注力し業績アップ

2018.11.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

月5万円は必ず外注 離職率が40%から0%に

リラックスした環境で事業部内の課題を話し合う

 ㈱ガイアックス(東京都千代田区、上田祐司代表執行役社長、連結正社員120人)のソーシャルメディアマーケティング事業部は、2015年からフリーランスを活用した労働環境改善に取り組んでいる。従業員一人ひとりに外注予算を付与した上で、月5万円の必ず使わなければならない「下限」を設けた。コア業務に注力した結果、離職率は40%から0%に減り、業績は5倍に伸びた。リモートワークにも積極的に取り組む。オフィスの席を3分の1に減らし利用者を増やした。労働環境改善は採用でもプラスの効果があり、リファラル(従業員の紹介)を中心に採用が進み、従業員数は3倍ほどに。他の事業部からの異動希望者も出てくるなど、社内の「不人気部署」から「人気部署」へと変貌を遂げている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月26日第3186号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ