【賃金事例】天満屋/契約社員でも主任級へ 等級新設し登用試験設ける

2012.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

正社員給与との均衡確保

 ㈱天満屋(岡山県岡山市、伊原木省五社長)は今年4月、従来の等級体系を大幅に改変し、正社員を複線化する一方、契約社員に対して複線型の等級制を採用した。これまでは曖昧だった主任相当の層を位置付けるE等級を新設し、契約社員にも登用試験への門戸を開いている。雇用区分にとらわれず人材を有効活用することを狙った改定で、給与面についても正社員・契約社員間でのバランスに配慮した体系を整備。等級別に一律のピッチの賃金表を設け、1:1:1で相対化を行うシンプルな3段階評価で昇降給を行う。2年連続で最高評価だった場合に1号加算する特別な措置も採り入れている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月4日第2875号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ