【フォーカス】ジョブサポートパワー/テレワークの推進 スカイプ用い在宅勤務拡大

2018.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

重度障害でも就労可 転籍を積極的に後押し

 ジョブサポートパワー㈱(東京都立川市、小川慶幸代表取締役、120人)は、インターネット電話サービス「SKype=スカイプ」などを使いテレワークの推進に積極的に取り組むことで、障害者の就労環境を整えている。現在は全社員の半数以上が重度の障害を持つ在宅勤務社員だ。グループ単位で働くことから、採用基準は「自分で自分のことを対処できるか」などに置く。業務経験を積んだ社員が他社へ転職する「転籍制度」も採用し、チャレンジの後押しもする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月25日第3142号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ