【フォーカス】サッポロビール/営業職含め休息10時間以上に

2018.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

実現へチーム制活用 柔軟化図る3制度と併せ

 サッポロビール㈱(東京都渋谷区、髙島英也代表取締役社長、1,763人)は、4月から全社的に10時間以上の勤務間インターバルの運用を開始する。本社や営業部門で試行を重ね、「10時間なら確実にできる」との結論に至ったもの。酒食を伴う会合が深夜に及びがちな営業職に関しては、1つの取引先を複数人で担当するチーム制の活用、内勤業務を集約して営業所内で一括処理するなど、部署ごとの創意工夫で対応する。先行導入したテレワークなどの3制度と併せ、効率的に成果を上げる働き方の確立をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ