経気道ばく露高リスク 複数物質の対策求める 厚労省が報告書

2022.07.13 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「令和3年度化学物質のリスク評価検討会報告書」を公表した。4物質に関する詳細リスク評価と2物質に関する初期リスク評価を行ったもの。詳細リスク評価では、ピリジンなど3物質を経気道ばく露に関するリスクが高いと判定した。初期リスク評価では、N,N-ジメチルホルムアミドが同様にリスクが高いなどと判定されている。今回の報告書に基づく労働者の健康障害防止対策の徹底について関係団体に要請する方針だ。

 2021年度リスク評価実施物質のうちの詳細リスク評価結果によると、経気道ばく露に関するリスクが高いと判定された物質は、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年7月15日第2406号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。