勤務間休息で手順示す 就業規則への規定例も 厚労省が報告書

2019.01.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」報告書を取りまとめた。「制度導入に向けたポイント」を示したのが大きな特長で、労使間の話合いから本格稼働(制度化)までの5ステップまでを解説している。就業規則や労使協約の規定例とともに、導入企業の事例一覧表なども盛り込んだ。なお、助成金による支援に当たっては、申請者の負担軽減などの観点から、引き続き助成要件や申請様式の見直しなどに努めるとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ