【フォーカス】城北信用金庫/新入職員の育成対策 担当者3人が新人1人に対処

2017.05.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

OJTの機会増やす 指導水準向上へ研修も

先輩社員から業務の基本を学ぶ

 城北信用金庫(東京都荒川区、大前孝太郎理事長、常勤役職員1971人)は、20歳代への教育に力を入れるため、OJTの機会を増やすよう改めた。新入職員に対しては、1人に対し2人の実務指導者が付くほか、メンターも配置し精神面でのフォローも怠らない。実務指導者やメンターに対し本部で集合研修を行うことで、OJTのレベルアップにも励む。営業担当職には、業務に必須な30項目のポイントを重点的に指導する営業基本研修を別途実施し、サービス向上につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月29日第3114号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ