【フォーカス】群馬銀行/若手行員育成対策 ビジネスプランを策定・発表

2017.08.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年次ごとに課題解決 同期とのつながり醸成も

 ㈱群馬銀行(群馬県前橋市、齋藤一雄代表取締役頭取、3172人)は、同期とのつながりを感じつつ銀行員として成長できるよう、入行1~6年次の行員を育成するプログラムを昨年から始めた。年次ごとにテーマを設け、それが実現できる内容を具体化している。帰属意識を高める活動からスタートし、最終年には東南アジアを訪問して現地の経済人と交流する。5年目に実施する地方銀行のビジネスプラン作成およびその発表では、経験に基づく具体的プランを求めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月14日第3124号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ