【フォーカス】SB C&S/新人へのメンター制度 教育目標立てて上長と共有 若手が指導役担う

2022.03.17 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

先輩自身も成長を体感

 SB C&S㈱(溝口泰雄代表取締役兼CEO)では新入社員の育成対策として、配属先の入社3~10年の人材と新人がペアを組む「エルダー制度」を推進している。新人教育を先輩社員の業務の一環と位置付け、社会人としてのマインドとスキルの両面を伝えるよう求める。期初には「○○業務について△△までできるようにする」などと新人の成長に関して目標を立ててもらい、上長との間で共有する。指導するなかで「自らの業務の改善点を発見した」などと、先輩社員自身が成長を体感するケースも少なくない。今年度からは、指導役同士で悩みを共有する「オンライン交流会」を開く。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月21日第3345号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。