女性の段階的復帰支援 在宅勤務活用進める 京都府・雇用対策計画

2021.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

育休期間には研修提供

 京都府は、来年度から開始する「雇用対策4カ年計画」の中間案を取りまとめた。働く女性の就労継続に向け、在宅勤務やサテライトオフィスを活用した段階的な職場復帰プログラムを開発し、育児休業中のeラーニングによるキャリアアップ研修などを新設。コアタイムのないフレックス制度や業務のマニュアル化など、育児をしながら柔軟に働き続けられる職場環境の整備を支援する。今年設立した在職者向けリカレント教育機関の機能を拡充し、女性、若者、高齢者向けに無料研修を開催する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月6日第3331号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。