“生涯現役”へ無料研修機関 京都府

2021.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 京都府は、在職者向けの研修施設として、「生涯現役クリエイティブセンター」を開設した。ミドル・シニア世代を対象にしたリカレント教育(学び直し)の無料講座を催すほか、在職者本人からの相談の受け付けやキャリア支援などを行う。社内での研修実施が難しい中小企業などが、無料研修先として利用することも期待している。従業員のキャリアブラッシュアップ、新たな分野での活躍に役立ててもらう狙い。

 研修は、1回の講義を半日程度とし、1講座当たり計20~25時間分を予定している。大学、民間研修機関から講師を招き、意識改革や自己分析、自社の課題と解決策を見極める方法などを学ぶ。少人数のグループに分かれ、実際に課題を抱えた中小企業を訪問し解決策を議論するなど、実地研修も予定している。

令和3年8月23日第3317号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ