【フォーカス】アサヒロジスティクス/女性運転者へ新ユニフォーム 体型合わせ素材見直す

2021.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ウェブでサイズ交換可能

 食品輸送業のアサヒロジスティクス㈱(埼玉県さいたま市、横塚元樹代表取締役社長、5502人)では、女性がドライバーとして活躍できる環境づくりに向け、今年から選択式の専用ユニフォームを導入した。腰回りや足幅を女性の体型に合わせたうえ、生地は素材から見直して合計6種類のサイズを揃えている。追加支給の申請方法もウェブ経由に切り替え、体型の変化などを周囲に知られずに済むよう配慮した。女性専用車両も導入し、ベルトの収納位置を低めにするなどの工夫をした。様ざまな取組みを通じ、女性ドライバー比率10%をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月8日第3328号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。