女性運転者に専用車 足元までカーテン完備 アサヒロジスティクス

2021.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 食品全般を扱う物流インフラ企業のアサヒロジスティクス㈱(埼玉県さいたま市、横塚元樹代表取締役社長)は、同県内の拠点・狭山チルド物流センターに女性専用車両「クローバー」を2台(4トン車、2トン車1台ずつ)導入した(写真)。外観に愛称のクローバーをあしらったほか、助手席足元の安全窓も含めて運転席内を覆えるカーテンを備えるなど、女性向けの仕様を採り入れている。

 同社は全国に約2200人のドライバーを抱え、女性比率は5.6%(今年5月末現在)。専用車の導入には一方で女性ドライバーの確保・定着が求められるが、同センターは全国で最も在籍数が多い拠点となっている。今後は計12人が、2台を共同で使用する。

令和3年8月2日第3315号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ