労働局で専門家会議始まる 東京―メンヘル対策の遅れ指摘 リスクアセス導入を促進―大阪

2011.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 都道府県労働局は、今年度から地域での労働災害防止対策を協議する場として、「都道府県労働局安全衛生労使専門家会議」を設置した。労使それぞれから選出された委員と安全衛生コンサルタント、産業医などの専門家委員により構成するもので、現場の実態などを意見聴取し、今後の施策に反映していくとしている。第1回目のテーマにメンタルヘルス対策を上げた東京労働局では、中小企業での取組みの遅れが指摘され、メンタルヘルス対策支援センターに期待する声が上がった。また、大阪労働局は中小企業でのリスクアセスメントの導入促進を課題に、企業による事例報告などが行われた。

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年7月15日第2142号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。