『イチからカクニン安衛法』の連載記事

2021.04.12 【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】建築物貸与者の講ずべき措置 必要に応じ事業者と協議

 安衛則第4編3章は、建築物貸与者に対する特別規制について定めています。一定範囲の建築物を貸与する者は、貸与を受けた事業者の労働災害防止のため、必要な措置を講じなければなりません(安衛法34条)。  貸与とは有償の場合だけでなく、無償の場合も含みます(昭48・3・19基発145号)。  本条の対象となる建築物は、「事務所または工場の用に供……[続きを読む]

2021.03.10 【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】機械貸与者の講ずべき措置 保守責任と情報提供義務

 安衛則第4編2章は、機械等貸与者等に対する特別規制について定めています。機械等貸与者は、貸与を受けた事業場の労働災害防止のため、必要な措置を講じなければなりません(安衛法33条1項)。運転者付きで貸与を受ける貸与者および運転者に対しても、一定の義務が課されています(同条2項・3項)。  機械等貸与者等とは機械を貸与する事業者すべてを指す……[続きを読む]

2021.02.10 【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】業種・業務内容に応じ規定 関係請負人の講ずべき措置

 安衛則第4編1章は、請負現場の安全管理ルールについて定めています。前号までは元方・注文者の講ずべき措置について概観してきましたが、今号は関係請負人側の義務をチェックします。  関係請負人は、根拠となる条文に応じて5種類に分けられています。それにリンクする形で、安衛則の条文も整備されています(別掲1)。…[続きを読む]

2021.01.13 【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】特定作業発注者の義務 請負者間で連絡・調整を

 安衛則第4編1章では、「特定作業発注者等」に関する規定も設けています。特定元方事業者と似ていますが、異なる場合もあります。  まず、安衛法31条の3で用いられている「特定」という用語は、特定元方事業者(30条)の特定とは違います。31条の3でいう「特定作業」とは、「2以上の事業者が厚労省令で定める機械(別掲2)を用いて行う」作業を指しま……[続きを読む]

2020.10.12 【安全スタッフ】
【イチからカクニン安衛法】注文者の講ずべき措置 化学設備等の改造も対象に

 安衛則第4編1章では、注文者の講ずべき措置についても定めています。注文者といっても、すべての事業者が対象になるわけではありません。  安衛則644条から662条までは、安衛法31条を根拠とします。31条は、「特定事業の仕事を自ら行う注文者」が対象になります。31条1項の注文者が架設通路やクレーンなどの建設物・設備等を請負会社の労働者に使……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ