【イチからカクニン安衛法】建設元方の講ずべき措置

2020.07.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

計画策定と下請けの指導

 安衛則第4編1章では、特定元方事業者等に関する特別規制を定めています。建設業と造船業の元方事業者は、一括して「特定元方事業者」と呼ばれます。

 しかし、建設と造船では、規制内容が異なる点もあります。

 第1に、「土砂等が崩壊するおそれのある場所」等で混在労働に従事させる場合、事業者は技術上の指導その他の必要な措置を講じる必要があります(安衛法29条の2)。同条の対象となるのは、「建設業に属する事業の元方事業者」と規定されています。

 「おそれのある場所」は、安衛則634条の2で、5種類が列挙されています。たとえば、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年7月15日第2358号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ