【イチからカクニン安衛法】ロープ高所作業の安全基準

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ライフライン設置が原則に 

 安衛則の第2編9章3節では、ロープ高所作業に関する安全基準を定めています。本節は平成27年改正で追加されたものです(平成28年1月1日施行)。

 ロープ高所作業とは、「高さが2m以上で作業床を設けるのが困難な場所で、ブランコ等を用いて労働者が体を保持しつつ行う作業(40度未満の斜面除く)」をいいます(安衛則36条40号)。高さが2m以上の箇所での作業は、作業床を設けるのが原則です。設置が困難なときは安全帯(墜落制止用器具)を用いますが、ブランコ作業では、ロープがほどける等により落下事故が頻発していました。このため、作業の特殊性に合わせた規制強化が図られたものです。

 本節が全面的に適用されるのは、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ