【イチからカクニン安衛法】移動式クレーンの設置等

2021.08.17 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

固定式と手続き面で差異

 クレーン則の第3章1節では、移動式クレーンの製造・設置に関して規定しています。

 移動式クレーンとは、「原動機を内蔵し、かつ、不特定の場所に移動させることができるクレーン」を指します(安衛令1条8号)。移動式であっても、「フォークリフト、揚貨装置、ストラドルキャリアーは含まれない」とされています(昭47・9・18基発602号)。

 同じクレーンであっても、移動式クレーンの製造・設置に関する手続きは、通常の(固定式の)クレーンと異なる点が多々あります(別掲1、2)。

 まず、製造許可については、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年8月15日第2384号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ