【イチからカクニン安衛法】ずい道の調査等の安全基準

2018.01.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

状況に応じ計画変更も

 安衛則の第2編6章2節では、ずい道等の建設の作業等に関する安全基準を定めています。1款は「調査等」を対象とします。

 ずい道といえば自動車・鉄道の交通運輸用が連想されますが、上下水道・電線・かんがい水路等の経路としても利用されています。日々の生活と密接に関連する重要な施設で、建設業に占める比重も小さくありません。ずい道等の建設の作業とは、「ずい道等の掘削の作業またはこれに伴うずり、資材等の運搬、覆工のコンクリート等の打設」を指します(安衛則382条)。

 工事中に落盤等が発生すれば、人命にもかかわる重大事故になりかねません。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ