【イチからカクニン安衛法】エレベーター関係の規制

2022.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

運転・故障時対応を周知

 クレーン則の第5章1節ではエレベーター製造・設置時の手続き、同2節では使用時のルールを定めています。

 エレベーターとは、一般に、人や物を載せて上方に移動させる装置を指します。安衛法では、労基法別表1の1~5号に掲げる事業場に設置するものを規制の対象とします。ただし、主として一般公衆の用に供されるもの等は除かれます(安衛令1条9号中の定義)。昇降機は、同時に建築基準法の規制も受けますが、本欄では安衛法関連の内容に絞ります。

 クレーン則では、エレベーター(5章)、建設用リフト(6章)、簡易リフト(7章)の3種類に分類していますが、まずエレベーター(人・物共用)に関する規制からみていきましょう。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年3月15日第2398号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。