【想いはせれば】第142回 業務上にならなかった腰痛

2020.11.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶私が「ひどい腰痛」に見舞われたのは20代後半のときでした。当時、化学工場で3交替の勤務体制のなかで働いていて、労働の内容は化学製品の袋詰め(20kg)などの「肉体労働(重筋労働)」が大半を占めていました。

 当時は3直3交替の勤務形態で、5日ごとの交替でした。その3直(夜勤)の5日目の朝、私は腰に違和感があったものの、工場の風呂に入って家に帰り、朝食を食べて仮眠し、起き上がろうとしたら腰が痛くて起き上がることができませんでした。結局5日間の休職になりました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年11月15日第2366号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ