【イラストで学ぶリスクアセスメント】第142回 足場の崩壊による災害

2017.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 この連載も、今回で満6年になりました。ここまで連載ができたのは、読者の皆様の声に支えられ、執筆継続の励みになったからです。心より御礼申し上げます。

 5年前のこの時期に、下記の「足場倒壊による第三者災害」がありました。今回は、全事業場で「高さ2m以上の高所作業では、足場を設置して作業」は不可欠〔安衛則第518条第1項〕なので、「足場崩壊の災害〔*1〕」をテーマにします。

【忘れてはならない、足場の崩壊・倒壊による第三者災害】

 2012年3月、埼玉県東松山市幸町のマンション外壁の補修工事現場で、強風(10m以上)により鋼製の足場〔*2〕が倒れて、通園中の「保育園児2人が下敷き、1人が死亡」するという悲惨な事故が発生しました。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月15日第2278号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ