【産業カウンセリングの現場から】第142回 「明日への扉」が開く瞬間に出会う

2017.07.27 【安全スタッフ】

 純白の雪を頂いた立山連峰に抱かれ、北陸道をひた走る。向かうは、まだ見ぬクライアントが待つS社である。毎月1回社員のカウンセリング面談にうかがってもう3年になる。遠慮がちなノックの音がして、ドアが開く。目の前の椅子に腰かけたのは、透き通るような白い肌をした若い女性社員だった。「カウンセラーの尾山です。よろしくお願いします。ところで、あなたの問題はどのようなことなのですか?」単刀直入に投げかけてみる。「私は旧家の跡取り娘として、祖父母に厳しくしつけられました。『常に家の名を汚さないよう、責任ある行動を執りなさい』と言われ続けて育ちました。試験は、満点が当たりまえ、一時たりとも気を緩めることは許されませんでした。…

執筆:コスモ生涯学習アカデミー主宰 産業カウンセラー
キャリアコンサルタント 交流分析士准教授 尾山 敦子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年8月1日 第2287号

あわせて読みたい

ページトップ