【想いはせれば】第117回 深刻な「労働環境病」

2019.10.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶「『生活習慣病』と聞いたときは、強い違和感を感じた。つまり、『労働』がすっぽり抜け落ちているのである」

 こんなリード(前書き)が付いた医師(産業医)・細川勝紀著の「労働環境病」(第三書館)の新聞広告を見て、わが意を得たりと早速取り寄せました。「厚労省などはこれまで、脳卒中・心疾患・がんなどを『成人病』として、その背景を労働環境、生活環境、体質など、すべてを含めて起きる病気を意味していましたが、『生活習慣病』は、あんたのタバコがいけない、アルコールがいけない、食べすぎがいけないなどと、すべてを個人の責任にしてしまった。本当は、労働者がタバコやアルコールが止められないのは労働環境のせいなのである」…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年11月1日第2341号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ