【人事学望見】第1253回 頼りになるか競業避止義務 職業選択の自由にカブト脱ぐ!?

2020.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勝負になりません…

 競業避止義務とは、使用者と競業する業務を行わない義務をいう。自ら競業事業を起こすことのみならず、競業他社への就職も競業避止義務違反となる。在職者は当然ながら、退職者についても職業選択の自由との兼ね合いが微妙だが、係争事例は数多くある。

力持たない誓約書で合意

 有料職業紹介を営む会社が、競業禁止の誓約書に反して同業他社に転職した従業員に対し、100万円の損害賠償を求めて争いになったのは、リンクスタッフ元従業員事件(大阪地判平28・7・14)である。

事件のあらまし

 Y社の従業員だったAは、退職後3年間は同業他社に就職しないことなどを内容とする「競業禁止の合意」があったにもかかわらず、平成23年9月1日にY社の元従業員だったBが設立したばかりのZ社に就職した。

 Y社は、病院等の職業あっ旋を営む法人で、Aは平成23年1月4日から同24年1月27日まで就労し、その後同24年2月1日からZ社で就労している。なお、Aは、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年8月24日第3269号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ