【人事学望見】第1152回 就業規則 不利益変更の有効性 合理性あれば適用を拒否できず

2018.06.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

目方どおりに減らして!

 労働契約法では、「使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない」(9条)と定めており、仮に不利益変更とする場合には、労働者の合意が原則になっている。

原則的には許されないが

 就業規則変更の合理性が争われた判例のトップを飾っているのは、秋北バス事件(最大判昭43・12・25)であり、しばしば下級審判決に登場し、すでにおなじみだろう。

 事件のあらまし

 被上告会社Yは、就業規則を変更し、これまでの定年制度を改正して、主任以上の職にある者の定年を55歳に定めた(一般職については50歳)。このため、それまで定年制の適用のなかった上告人Aらは、定年制の対象となり、解雇通告を受けた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月25日第3166号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ