【人事学望見】第1077回 医師選択の自由と受診拒否 就規上に規定あれば業務命令!

2016.11.21 【労働新聞】

検診逃れは罰するぞ

 健康診断受診の業務命令を拒否した労働者に対し行った懲戒処分は、有効か。最高裁は、秋北バス判決の考え方を踏襲し、就業規則上の労働者の健康管理上の義務は合理的であり、労働契約の内容となっているとし、健康診断の受診拒否に当たり、懲戒処分を有効としている。

懲戒処分を有効と認める

 秋北バス事件(昭43・12・25最高裁大法廷判)の考え方 ①労働条件を定型的に定めた就業規則は、一種の社会的規範としての性質を有するだけでなく、それが合理的な労働条件を定めているものである限り、経営主体と労働者との間の労働条件は、その就業規則による事実たる慣習が成立しているものとして、その法規範性が認められている。②就業規則の存在およびその内容を現実に知っていると否とにかかわらず、また、これに対して個別的に同意を与えたかどうかを問わず、当然にその適用を受ける。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年11月21日第3089号12面

あわせて読みたい

ページトップ