【人事学望見】第1055回 民事賠償と安全配慮義務 使用者に債務不履行の立証責任

2016.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社長自らが先頭に立って…

 労働契約法5条には、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」と規定されている。何の変哲もない、当たり前ともみえる文言だが、労使関係に多くの影響を与えている。

時効3年が10年に延長へ

 「労契法は、判例で確立された裁判規範を規定化したものといえる。これにより、労使共に結果の予見可能性が高まって、無駄なお金を使って争うことの愚を知ることとなった」

 社内労働セミナーの講師役を務める奥山人事課長は、安全配慮義務の規定化をとくに重要視している。これにより、労働災害民事訴訟での主張は、従来の不法行為から債務不履行責任に切り替わったのだが、参加者はその重要性についての知識は持ち合わせていなかった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月6日第3067号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ