【事故防止 人の問題を考える】第86回 リスクを熟知する人を育てるには(クレーン編②)

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

死亡者数が多い移動式クレーン

 前回に引き続き、クレーン作業の危険を取り上げます。

・車両積載形移動式クレーン(ユニック車)

 車両積載形移動式クレーン(ユニック車)は、さまざまな現場で使用されていることもありますが、死亡者数は12人とクレーンのなかで圧倒的に多いのが特徴です。

 死亡災害の内訳をみると、荷台からの墜落が3人(うち1人はつり荷の激突により荷台から墜落)、クレーンの転倒が3人、つり荷やブームの激突が2人、交通事故が2人、つり荷の落下が1人、坂道逸走によるものが1人でした。

 クレーン操作者が巻き込まれるケースがありますが、リモコン操作でも巻き込まれています。リモコン操作であれば、危険なエリアから離れることもできますが、1人で積み込み・積み下ろし作業を行えば、つり荷に近づいたまま作業を続けてしまいがちです。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ