【想いはせれば】第124回 お仕着せの安全

2020.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶神奈川県の中学生が新聞の投稿欄で次のような意見を述べていました。

 「部活の集合場所に自転車で向かう生徒が事故に遭ったのをきっかけに、僕の住む市では、去年から公立中学の部活で自転車での移動が禁止されました。危険なことがあれば即禁止という世間の風潮があるように思いますが、疑問に感じます。自転車で20分で行ける場所に倍以上の時間と交通費をかけて行くはめになった友達がいます。(中略)禁止の前に、まずは生徒と共に安全な乗り方を考え、それを実行させるなどの対応をすべきだと思います。学校が事故を恐れ逃げていては、生徒は安全を学べません。そして、大人になってから危険な思いをしかねません。危なければ即禁止。それはその場しのぎで、根本的な解決ではありません」

▶この中学生の意見は、事業場などで安全衛生教育や管理をしてきた筆者にとって核心を突かれた感です。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年2月15日第2348号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ